わきがの治療・手術を考えている方のために、わきがについての基本知識とおすすめのクリニックを5つご紹介しています。

安全で確実なわきが手術

安全で確実なわきが手術 TOP

このサイトでは、わきがに悩んでいる人のための治療、主にわきが手術に関する情報、その他わきがの基礎知識をお届けします。

まずはわきがの手術についてお話します。
手術を受ける場合は、その内容をよく調べ、病院の情報を取得した上で挑むことが大切です。わきが手術の種類についてですが、大きく5つあげられます。

◆切除法
汗腺や毛根、皮脂腺を取りのぞき、縫い合わせる手術です。

◆削除法
皮膚の一部を切り、器具を挿入、汗腺と皮脂腺を削除します。

◆剪除法
皮膚を約3センチ切り、アポクリン汗腺を取り除きます。この手術法が最も効果が高いといわれています。

◆吸引法
数ミリ切開し、器具を挿入。その後、汗腺を吸引します。

◆超音波法
皮膚に穴をあけ、器具を挿入、超音波で汗腺を破砕して吸引します。

これらが主な手術法です。
詳細は、他ページにて、ご紹介しています。

以下、わきがの基礎知識についてもご紹介していきます。


わきがの原因と症状

わきがとは、わきの下にあるアポクリン腺からでる汗の一種が、細菌などに汚染されて臭いを放つ症状のことです。
人が持つ汗腺にはアポクリン腺とエクリン腺の2種類が存在します。うち、エクリン腺からの汗は無色透明で、臭いもほとんどありません。しかしアポクリン腺からの分泌物は鼻を突くような独特の臭いを放ち、シャツの脇の部分が黄ばんでしまったりします。
このアポクリン腺が多く発達している人がわきが体質となり、アポクリン腺の数に比例して臭いも強くなるようです。

それでは、汗腺は全身にあるのに、どうしてわきの臭いだけがきつくなるのでしょう?
それは、エクリン腺は全身に点在しているのですが、アポクリン腺はわき等、ごく限られた場所にだけあるからです。アポクリン腺のある場所は脇の下、耳の中、陰部、肛門、乳輪だけです。ですから、他の部分からわきが臭が感じられることはないはずなのです。

わきがの原因としては、「遺伝」によるものが多いとされています。
メンデルの法則に従ってわきがも優性遺伝します。両親のどちらか一方がわきが体質の場合は約50%の割合で、両親どちらもわきがという場合には、約80%の割合で遺伝すると言われています。
反対に、両親をはじめとした血縁関係者のうち、誰もわきが体質の人がいないのであれば、わきが体質である可能性はとても低いのです。

また、欧米人の約8割はわきが体質です。これに対して、日本人は1割未満ととても少数です。その理由として指摘されているのは、食文化の違いです。本来、欧米人は狩猟民族であることから動物性のタンパク質や脂肪分を、東洋人は農耕民族であることから作物からタンパク質や脂肪分を多く摂ってきました。

このような背景から長年かけて体質の違いが確立されたのですが、それが体臭にも影響を与えることになったと考えられます。しかし、近年では日本人の食生活が欧米人と似通ってきているため、わきが体質の方が増加してきている傾向があるようです。

アクポリン腺の数は生まれつき決まっていて、後天的に多くなったりすることはありません。ですが、数が少なくても食生活や過度の飲酒によって症状を強くさせてしまうことはあるようです。

一方、子供の時からわきがの症状が出始める方は少数で、アポクリン腺の働きが活発になる第二次性徴期の思春期を境にして、臭いが気になり始める方が多いようです。


わきがチェック

日本人は欧米人に比べると神経質で、体臭・わきがに敏感です。気にしすぎるのもダメですが、気を使って他人にはなかなか指摘できない、ということもありますね。

自分で気にならないのなら、それで良いのですが、もしや?と気になる方は自己チェックしてみましょう。
そして自分だけで思い悩まず、まずは専門医の診察を受けることをお勧めします。

チェックするのは、以下の項目です。いくつもの項目が当てはまる方は、わきがの可能性があるかも?

・両親がわきが体質である
・親のどちらかがわきが体質である
・耳の中がじくじくと湿っている
・衣類の脇の下が黄ばんでいる
・他人から臭いを指摘された
・自分で臭いと感じる
・汗っかきである
・わき毛が多い
・肉や乳製品に偏った食生活である
・お酒をよく飲む

もしかすると気が付かれたかもしれませんが、上から順に、わきが体質である可能性が高い項目となっています。
当てはまる項目が下の部分のいくつかならまだしも、上の部分でいくつも当てはまった方は、わきが体質である可能性が高いといえます。

ですが、これはもちろん確実性のある基準ではありません。
もしも気になるようでしたら、一度診察を受けてみると良いでしょう。


Topページへ